平成30年度 同仁 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 9 28 36 51 106 195 366 405 474 123
当院は地域に根差した第一線の医療を目指し、幅広い年齢層を対象にしています。
DPC導入の平成29年より、入院・外来患者数ともに増加し、中でも超高齢化に伴い70歳以上の割合が増加しています。
今年3月に、県内初の在宅介護総合センター「やえせAssemble Garden」を浦添市大平に開設し、法人内で高度急性期から慢性期および介護・福祉まで一貫したサービスを提供できるようになりました。
また、4月には「入退院支援センター」を開設し、入院前から退院後まで安心して医療が受けられるように支援体制も整えました。同時にご家族を支えることを目的にレスパイト入院(ご家族の諸事情で在宅療養生活が一時的に困難となった場合に入院すること)のご相談も増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 94 2.62 2.67 - 63.05
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 35 18.06 12.58 2.86 76.34
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 21 7.76 7.40 - 67.52
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 17 35.59 20.92 - 83.94
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 17 8.00 7.75 - 61.06
内科の一番多い疾患は、大腸ポリープです。大腸ポリープは約2日間という短い入院期間になっています。
2番目に多い疾患は、腎盂腎炎になっています。転院率が2.86となっていますが主な転院先は介護施設になっています。
3番目に多い疾患は、急性胃炎や逆流性食道炎、大腸潰瘍などの消化器系の炎症性疾患になっています。平均在院日数も1週間程度になっています。
4番目の誤嚥性肺炎は、高齢者に多い疾患で平均年齢も83.94歳と高くなっています。
5番目は、大腸の憩室です。憩室とは腸壁に袋状の穴が多数出来る疾患で、大腸に多く見られます。平均在院日数は消化器の炎症性疾患とほぼ同じで8日程度になっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼡径ヘルニア(15歳以上) 16 12.19 4.96 - 71.06
080010xxxx0xxx 膿皮症 10 21.40 12.51 - 67.10
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 - 2.00 5.55 - 69.00
060150xx02xxxx 虫垂炎 - 9.00 9.94 - 41.33
060241xx97xxxx 痔核 - 6.33 5.78 - 54
外科で一番多い疾患は、鼡径ヘルニアです。平均年齢は71.06歳になっています。
2番目に多い疾患は、蜂窩織炎です。蜂窩織炎とは、傷口などから菌が入り皮膚・皮下組織に感染性の炎症を起こす疾患です。
4番目に多い虫垂炎は、若い年齢の人が多いです。

5人未満の項目は患者数を省略して「-」(ハイフン)で表示しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 44 39.11 24.26 - 71.43
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 32 39.47 22.27 - 71.91
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 23 55.96 19.61 - 81.43
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 21 55.76 26.30 4.76 84.43
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 12 13.92 7.29 - 53.00
整形外科で一番多い疾患は、変形性膝関節症になっています。次に変形性股関節症になります。
当院には膝の専門医と股関節の専門医が勤務しており、また地域包括ケア病棟を有しているため手術から自宅等へ退院するまで充実したリハビリを行うことができます。そのため平均在院日数が長くなっております。また退院後も外来で専門医がサポートを行っております。
膝等のスポーツ外傷は、比較的若い患者(部活を行っている学生など)が多く、術後も安心して生活やスポーツが行えるような治療を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 99 8.32 5.62 - 62.61
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 64 8.17 7.13 17.19 72.08
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 57 3.28 2.53 1.75 72.02
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 54 10.83 8.65 - 73.98
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 32 7.13 7.20 - 73.34
泌尿器科では一番多い症例と二番目に多い症例は同じ尿管結石になります。1番目と2番目の違いは、手術のあり・なしになります。
尿管結石の患者さんの場合、最初にステントと呼ばれる管を尿管に入れ炎症を抑えます。その後結石を砕くレーザーなどの手術を行います。
3番目に多いのは、前立腺癌です。当院では、針生検を行い前立腺の良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのかを見極めます。悪性の場合は、癌を取り除く手術や抗がん剤治療を行います。
また、良性腫瘍の場合は前立腺肥大症として手術を行います。4番目に多い疾患はこの前立腺肥大症になります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 3 - 3 - 1 7,8
大腸癌 1 3 - 4 2 2 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 7,8
肺癌 - - 1 1 1 1 1 7,8
肝癌 2 1 - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での5大癌の分類別患者数と再発数になっていおります。
胃癌、大腸癌については消化器内科と外科が連携し早期発見・治療に努めています。
上記に記載されていませんが当院では前立腺癌や膀胱癌など泌尿器科での症例が多いのが特徴となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 9 8.78 60.89
中等症 39 20.69 81.95
重症 10 30.80 83.10
超重症 3 19.33 90.00
不明 - - -
当院での市中肺炎の件数は61件になります。
軽症の平均年齢は60.89歳で平均在院数が8.78日となっています。
中等症は、高齢者(平均年齢81.95歳)が多く平均在院日数も長くなっています。
当院では、主に中等症の患者さんの治療を行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 4 30.25 71.25 0.00
その他 11 56.27 83.82 0.00
脳梗塞については、他施設と連携をとり、リハビリ目的で入院する患者さんが多いです。 
リハビリで安定した後に退院しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 91 0.80 1.34 - 63.56
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頚部その他に設置した場合) 19 139.53 67.32 10.53 78.74
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 14 0.36 2.71 - 64.50
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 7.46 34.31 7.69 76.23
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 13 10.54 37.69 30.77 80.38
当院の内視鏡センターは最新のシステムを導入して治療を行っております。
1番多い大腸ポリープ粘膜切除術と3番目に多い大腸ポリープ粘膜切除術の違いは、2センチ未満か2センチ以上かになります。
大腸ポリープは、健康診断で発見される場合もあります。
当院には、医療療養型病棟(長期入院)を有しています。療養病棟に入院している患者さんに対しても中心静脈注射の植込型を行いますので術前日数が長くなっています。また、中心静脈注射の植込型と胃瘻造設術は高齢の患者さんに対して行うことが多い手術になります。そのため術前の日数も術後の日数も長くなります。転院先も介護施設等になります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼡径ヘルニア) 17 1.59 9.59 - 70.88
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 1.33 7.00 - 57.33
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - 0.00 8.00 - 41.33
K7192 結腸切除術(結腸半側切除) - 8.67 31.67 - 79.00
K7434 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴わないもの)) - 1.50 3.50 - 46.50
外科では、鼡径ヘルニアの手術を多く行っており平成29年度と比較して術前と術後の平均日数は若干減っていますが、昨年より平均年齢は5.82歳高くなっています。
また、3番目に多い虫垂切除術は緊急手術になりますので術前の日数は0日になります。

5件以下の項目は件数省略して「-」(ハイフン)表示をしております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝・股) 84 1.69 39.83 1.19 72.04
K0461 骨折観血的手術(大腿) 24 3.96 49.33 8.33 85.29
K0463 骨折観血的手術(足) 13 1.00 6.08 - 50.38
K068-2 関節鏡下半月板切除術 10 0.40 14.70 - 59.70
K0462 骨折観血的手術(下腿) 7 0.86 7.57 - 56.57
整形外科は、変形性膝関節症と変形性股関節症に対しての人工関節置換術が多いです。
人工関節置換術だけではなく、骨折や半月板の手術など上肢・下肢と幅広く治療を行っています。
整形外科は、外来で受診したのち入院計画を立てて入院しますので術前の日数は短くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 85 1.27 5.31 - 62.13
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 79 1.54 6.41 12.66 71.99
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 55 1.95 8.00 - 73.82
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 37 1.24 5.22 - 72.49
K800-2 経尿道的電気凝固術 25 1.84 7.56 - 68.48
当院の泌尿器科は、浦添市内唯一の手術施設です。市内はもちろん、離島や北部地区、沖縄全域から患者さんの治療を行っています。
結石の症例が最も多く、膀胱癌や膀胱腫瘍に対する手術も多く行っています。
2番目に多い尿管ステント留置術は、1番目に多い尿管結石除去術の前に行う手術で結石の患者さんに対して炎症などを抑えるために行います。
またステント留置術は、尿管が狭くなった患者さんに対しても行います。転院率が12.66あるのは転院先が主に介護施設等になっているためです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - 0.06
180010 敗血症 同一 - 0.11
異なる - 0.17
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - 0.11
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.28
異なる - 0.11
敗血症の症例は少なく症例数も5症例以下となっていますので症例数は「-」(ハイフン)で表示しております。
前年度と比べても症例数、発生数も減少しております。
また、このような合併症は一定の確率で起こり得ます。
更新履歴
2019/9/28
平成30年度 病院情報を公開しました。