看護部紹介

看護部紹介

部長の写真

看護部長からのメッセージ

 当院は、正確な診断、適切な治療、良質な対応で地域に根差した第一線の医療を目指します。
 看護部では、急性期から慢性期、在宅支援まで幅広く・充実した看護提供を行うこと、また、専門的知識に基づいた看護実践が行え、優しさや、思いやりの心で対応(看護)することを目指します。昨今の医療現場では、2年に1度の診療報酬改定でチーム医療、地域医療連携など、多職種のスタッフと協力しながら、医療の質を高めていく力が求められています。
 今、ここにいる皆さんも医療法人 八重瀬会の一員です。皆さんは専門職として入職し、各所属部署がありますが、医療現場で求められている「チーム医療」を意識しながら、八重瀬会のチームの一員として、これからの実務に取り組んでほしいと願います。
 また、看護部は一般病棟、手術室、HCUなど垣根を越えて働く他部署研修制度を取り入れています。ひとつの部署に固定されず、さまざまな患者さんをケアできることは、当院で働く看護職員にとって大きなメリットになると思います。患者さんの為に考え、学び続け、自ら行動できる力を身につけ、患者個々に「よりそう看護」を実践してほしいと思います。
 さらに、論理的思考ができる看護師を育成する。すなわち・・・ 自分中心で考えるのではなく、「相手の立場」で「相手の言葉」で「相手が納得」できるように考えることができる看護師を育てる。(問題解決の早道となります)相手のニーズを考えることは、看護師は得意です!対象となる相手は患者なのか、家族なのか、スタッフなのか、上司なのか。しっかりと見定め、考える看護師を育てることを目指します。
 他職種の皆さんもコミュニケーションを大事にし、八重瀬会職員の一員として頑張っていきましょう。

看護部の理念

私たちは、
専門的知識に基づいた看護実践を
優しさや、思いやりの心で対応します

看護部の基本方針

1.命の尊厳と人権を守り、一人一人を尊重した倫理的対応を行う
2.医療の安全を見据えて、自らのセーフティマネジメントの徹底を図る
3.医療チームの一員として、医師及び多職種と協働し患者様との信頼関係を確立する
4.目標管理の実践により自己研鑽に努める
5.組織の情報共有化に努め、健全な病院経営に参画する
6.医師・看護師・看護助手間の良質なパートナーシップにより、明るい職場作りに努める
7.地域との連携を図り、継続看護を充実させる

看護部の概要

看護部総数: 203名
看護師 130名
准看護師 19名
看護助手 54名
2020年 8月末

看護単位
1階⇒外来・救急室・入退院支援センター
2階⇒内視鏡センター・ヘルスサポート室・看護管理室
3階⇒手術室・中材
4階⇒A病棟
5階⇒B病棟、HCU、腎センター
6階⇒ゆい南病棟(医療療養)・ゆい北病棟(地域包括ケア)

看護体制
入院基本料10対1 ベッド稼働率 86%
外来受診者数一日平均 271.1名
3ヶ月平均在院日数 13日

病床数: 154床
一般病床 :95床
HCU : 5床
医療療養病床 :29床
地域包括ケア病床:25床

勤務体制
一般病棟 三交代勤務、二交代勤務
療養病棟 二交代勤務
(各部署間のリリーフ体制をとる)

看護方式
固定チームナーシング

新人教育
プリセプター制にて実施

Slider