看護部紹介

Block

受付時間 8:30~12:00 13:30~17:00

診療時間 9:00~12:30 14:00~18:00
休診日 水曜日祝日日曜午後

診療科案内
Department
病院概要
Profile
沿 革
History
入院案内
Hostpitalization
人間ドック・健診
General checkup
採用情報
Recruit
Block

受付時間 8:30~12:00 13:30~17:00

診療時間 9:00~12:30 14:00~18:00
休診日 水曜日祝日日曜午後

TEL:098-876-2212(代)

電話でお問合せ

メールでお問合せ

診療科案内
Department
病院概要
Profile
沿 革
History
入院案内
Hostpitalization
人間ドック・健診
General checkup
採用情報
Recruit
看護部
Nursing
Block

看護部紹介

各部署紹介

教育・研修

奨学金制度

八重瀬会 看護部

看護部長挨拶

 医療法人八重瀬会は、大正7年に設立された宮古同仁病院、引き継いで昭和60年設立の同仁病院を前身として平成4年に設立されました。開院以来、3つのモットー・正確な診断・適切な治療・良質な対応を掲げ、” May I help you? 我々から声をかけよう”を基本姿勢として診療・各対応に臨んでいます。基幹施設である同仁病院は、総病床数154 床(一般病棟95床、HCU5床、地域包括ケア病棟25床、医療療養型病棟29床)と、関連施設“やえせAG”と併せ、急性期から慢性期、在宅支援まで幅広く・充実した医療と看護の提供を行えることが特徴です。
 看護部では、プリセプター制度充実の基、専門的知識に基づいた看護実践が行え、優しさや、思いやりの心で対応(看護)することを理念としています。昨今の医療現場では、2年に1度の診療報酬改定でチーム医療、地域医療連携など、多職種のスタッフと協力しながら、医療の質を高めていく力が求められています。私たち看護部は、「チーム医療」の中でも看護専門職としての役割を重視 し、患者さんの為に考え、学び続け、自ら行動できる力を身につける。また、患者個々に「よりそう看護」を実践できる看護師を育成することで、チーム医療の充実・質の高い看護提供が行えると考えています。
 また、看護部では一般病棟、手術室、HCUなど垣根を越えて働く他部署研修制度を取り入れています。ひとつの部署に固定されず、さまざまな患者さんをケアできることは、当院で働く看護職員にとって大きなメリットになると思います。さらに、論理的思考ができる看護師を育成する。すなわち・・・自分中心で考えるのではなく、「相手の立場」で「相手の言葉」で「相手が納得」できるように考えることができる看護師を育てることを目標とし、看護の質向上に努めていきます。
 八重瀬会同仁病院でぜひ一緒に働きましょう。

看護部長 照屋 めぐみ

看護部理念

私たちは、専門的知識に基づいた看護実践を優しさや、

思いやりの心で対応します

 

看護部の基本方針

  1. 命の尊厳と人権を守り、一人一人を尊重した倫理的対応を行う
  2. 医療の安全を見据えて、自らのセーフティマネジメントの徹底を図る
  3. 医療チームの一員として、医師及び多職種と協働し患者様との信頼関係を確立する
  4. 目標管理の実践により自己研鑽に努める
  5. 組織の情報共有化に努め、健全な病院経営に参画する
  6. 医師・看護師・看護助手間の良質なパートナーシップにより、明るい職場作りに努める
  7. 地域との連携を図り、継続看護を充実させる

 

看護部の行動目標

  1. 全職員が患者様の窓口になります( May I Help You?の精神)
  2. 家族の気持ちで患者様に接します
  3. 明るい笑顔と優しい言葉で患者様に接します
  4. 患者様のお話は最後までよく聞き、理解するように接します
  5. 患者様の不安を取り除くよう努力します
  6. 業務の中でたえず声を掛け合い、リスクを未然に防ぐ努力をします

2022年度 看護部目標

  1. 安全で安心できる質の高い看護の提供
  2. 多様化する医療に対応できる人材育成
  3. 働き続けられる職場環境づくり
  1. 1-1)看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進する
    (1)安全・安楽を基本にした患者の療養環境を整える
    (2)専門性を発揮した看護実践力の向上
    (3)倫理的感性を養い、現場で直面する倫理的課題を検討する(せん妄ケア・認知症ケア・身体抑制など)
    (4)看護部組織体制の強化
    1-2)感染・医療安全管理体制の充実につとめる
    (1)危険予知の感性をみがき安全な看護の提供をする
    (2)インシデントレポート提出促進
    (3)転倒転落予防策の強化
    (4)薬剤関連のインシデント削減
    1-3)看護の専門性を活かし、病院経営に参画する
    (1)全病棟において、連携を強化し病床管理を行う
    (2)重症度、医療・看護必要度の維持
    (3)看護関連加算の100%取得
    (4)一人ひとりがコスト管理を意識し経費削減に取り組む
    (5)各種診療報酬加算に応じた取り組み強化
  2. 2-1)人材育成・人財活用を積極的に図る
    (1)看護職員の院内・院外研修を推進する
    (2)看護師長・主任・副主任の管理実践能力の向上
    (3)リーダー看護師の育成
    (4)病院機能を見据えたジェネラリスト・スペシャリスト(特定医行為看護師含)の育成
    (5)看護職員としてふさわしい身だしなみや態度を育成する
    (6)看護補助者の教育支援体制強化と連携推進(タスクシフト)
    (7)診療報酬上必要な研修、資格取得への支援
  3. 3-1)WLB を意識した業務遂行に取り組む
    (1)時間外短縮に向けた取り組み
    (2)計画的な年次休暇の取得
    3-2)柔軟な応援体制から安全な看護体制・勤務体制に繋げる
    (1)リリーフ体制の強化
    3-3)離職防止対策
    (1)職員への予防的メンタルサポートの実施
    (2)看護職員の職場定着の向上を図る
    (3)看護職員の離職率を15%以下とする
    (4)多様な勤務時間帯導入に向けた取り組み