ご挨拶

ご挨拶 Greeting

理事長 山内英樹 あいさつ

 医療法人八重瀬会は、大正7年に設立された「宮古同仁医院」 昭和60年設立の「同仁病院」を前身として平成4年に創立されました。その目的は地域の方々・県民の皆様方にトータルな医療、即ち、健康管理・全身チェック・疾病予防から良質で高度な医療提供、そして治療後のフォローアップまで、一貫した医療・福祉を提供し、対応も含め皆様方に満足して頂くという事であります。さらに地域の皆様方との連帯、そして職場環境充実がもう一方の目的となっております。浦添医院の参画、シルバー園併設など施設の拡充、内容充実をはかりつつ皆様方のおかげをもちまして今日に至っておりますが、この約90年の間、上記の基本姿勢は変わることなく一貫して受け継がれて参りました。
 その実践、完成を目指しまして、三つのモットー一、正確な診断 二、適切な医療 三、良質な対応を掲げ、”May I help you?” ー我々から声をかけようー の精神で日夜職員一同努力しておるところでございます。
 医療情勢、医療環境の変化がめまぐるしい現在、医療機関もその能力が問われる時代となってまいりました。自院のポジションをしっかり見極め、情勢を正確に分析し、明確な方針の基に対応を決定していくことが必須であり、目的達成のためには不可欠であります。
 そのため、当法人は理事会の下部組織で実働部隊である統括本部が企画、立案、実行の中心となるシステムをとっております。我々は長い歴史の裏付けがありますが、法人そのものはまだまだ若く、発展途上であり、エネルギーは満々と漲っております。ファイト一杯でございます。
 職員一同、プロの医療人として、患者様のため何が必要か、何が出来るか、地域の方々とのより一層の連結をはかるため何をしなくてはいけないか、日々、考察、努力、行動しているところでございます。
 今後も、皆様方に愛される施設、信頼される医療機関としてより一層の充実を目指し、基本姿勢を忘れることなく職員全員、一人一人が主体的に研鑽する法人として活動していく所存でございます。

理事長経歴
  • 昭和21年 沖縄県宮古平良市(現・宮古島市)生
  • 昭和40年 琉球政府立(現・沖縄県立)宮古高等学校卒業
  • 昭和40年 東京医科歯科大学医学部入学
  • 昭和46年 同卒業後 第一外科入局
  • 昭和46年~57年 東京医科歯科大学第一外科在局中、都立府中病院、河北総合院、KKR九段坂病院等にて勤務
  • 昭和55年 学位取得(東京医科歯科大学医学部)
  • 昭和56年 東京医科歯科大学第一外科文部教官助手(一般・臓器移植・術後代謝班長、消化器内視鏡室々長・卒前教育委員長・研修医教育委員長)
  • 昭和57年 東京医科歯科大学第一外科退職、大浜第一病院(沖縄県那覇市)外科勤務
  • 昭和59年 琉球大学第二外科非常勤講師兼任
  • 昭和60年9月9日 同仁病院設立 院長就任
  • 平成04年4月 医療法人八重瀬会同仁病院設立 院長就任、全日本病院協会沖縄県支部理事就任
  • 平成06年 沖縄県浦添市医師会理事(地域医療・救急担当)就任
  • 平成08年 医療法人愛和会(埼玉県川越市)監事就任
  • 平成12年 浦添市介護保険認定審査会会長就任
  • 平成14年 浦添市医師会副会長就任
  • 平成16年 医療法人八重瀬会 理事長兼任、浦添市医師会会長就任
  • 平成21年 医事功労賞沖縄県知事賞表彰
  • 平成23年 第53回全日本病院学会(沖縄県支部主催)実行委員長
  • 平成24年 浦添市医師会会長4期終了後辞任、東京医科歯科大学お茶の水医科同窓会沖縄県支部会長
  • 平成25年 日本公衆衛生協会会長表彰
  • 平成29年 11月3日、日本政府内閣府より旭日双光章受章