一般X線撮影 画像装置システムの更新

Block

受付時間 8:30~12:00 13:30~17:00

診療時間 9:00~12:30 14:00~18:00
休診日 水曜日祝日日曜午後

診療科案内
Department
病院概要
Profile
沿 革
History
入院案内
Hostpitalization
人間ドック・健診
General checkup
採用情報
Recruit

一般X線撮影装置 FPD(フラットパネルディテクタ)システムを導入しました

 最新のFPDシステムの導入により、低線量でも高画質な画像を取得できることで、より正確な診断と患者さんのX線被ばく線量の大幅な低減が可能になります。また、画像の高速表示ができるため検査時間の短縮、患者さんの検査待ち時間の短縮も期待できます。今後もより良い医療を提供できるよう安心、安定した検査に取り組んでいきたいと思います。

<FPDシステムの特徴>

  • X線撮影後から約1秒で高速表示、その場(撮影室・手術室・病室)で画像の確認ができます。
  • 高画質で大幅に被ばく低減が期待できます。
  • 撮影画像を最適化する画像処理技術(Virtual Grid / ダイナミック処理)
  • 安心な形で無線利用が可能です。
  • FPDカセッテは、連続撮影可能、抗菌を備えています。